2002年8月17日土曜日 VS名古屋グランパスエイト(東京スタジアム)

先週の土曜日がアウェイだったので、先週の水曜日ぶりの試合。名古屋グランパスエイト。
名古屋グランパスエイト……長い名前だ。第一このエイトっつーのは何の意味があるんだろう。エイトエイト。エイトと言われて頭に浮かぶのはエイトマン。まぁ、十中八九違うだろうけど。あれか。末広がり(八)か? などとA里と協議するも、結論は出ず。
楢崎がいるからアウェイもさぞや若いおなごでいっぱいであろう、なんて予想もしてみたりみなかったり(どっちだよ)。

んでも、実は今日は試合の前にお楽しみがあるんですよ。それが、ジャジャーン!(NOTジャーン)

こんにちはツアー(女子二人にて決行)

薬師湯っつたら、(FC)東京っ子なら誰でも知ってるあのお風呂屋さん。名前は知らなくてもあの縞々の素敵な煙突はおなじみかと。飛田給を降りてすぐ、ホームタウンを主張するあの煙突の元に、いつかは行きたい、とかねてより勢い込んでいた私とあこり。
冬だと湯冷めをしてしまうかも、と言うことで夏にしたんだけど、これがなかなか日程を合わせられず最終節の今日、決行したのであった~~~!!!!(くどい)

まず午後二時にしんずく集合。しんずくのジョナでのんびりしてから、体制を整えていざ出陣!アロエ

途中、ビルの下にアロエが植えられていた。何故!?!?!?!

まぁ、気を取り直して進め進め!
基本的にいつもギリでスタジアムに行く私たちですが、今日はお風呂があるから早いんだもんね~♪と今にも歌い出しそうに京王線のホームへ向かう。うっかり目の前で特急が出発してしまいがっくり。
気を取り直して隣のホームへ移動して、と。

ついにとうちゃっく!
この日新宿の道ばたで亜麻色の髪の乙女(乙女の「お」はくっつきの「を」が正しい)を「アマラオの髪の乙女」と歌いながら突っ込みいれて歩いてたのですが、それ以来「アマラオ」が大ブームに。

 

何でもかんでも「アマラオ」に結びつける馬鹿二人。
しかも女の子はみんななりきり、ごっこ遊びがだ~い好き! と言わんばかりに親子会話ごっこを始める始末。心底うざい二人組。

煙突

さて、いざ着いたは良いけど、到達の仕方が判らない!
そんなわけで、とりあえずコンビニの横の小道をススムススムススメコータロ♪

たんなる床屋の看板ですら愛おしくなるお馬鹿二人。
二人してカメラを構えている辺り馬鹿な子供ほど可愛いと思う親心にすがってみたくなる今日この頃。

 

 

裏に入ると入り口が見つからず(そりゃそうだ)サウナの看板だけが目に入る。まさかサウナしかないなんてことないよね……。なんて不安になりながら脇道覗くとはっけ~ん!

コミュニティセントウって全部カタカナなあたり今風です。

そうは言っても、私は小さいとき「銭湯荒らしのおキヨ」と呼ばれ(虚偽)地元銭湯はもとより、子供の足ながら遠出して、一人でも銭湯に通っていた娘っ子でしたので、銭湯にはちょっと五月蠅い(本当かよ)。とりあえず、おばばになった今でも銭湯・温泉大好きな女子なのです♪(誰も聞いてない)

 

そんなわけで、やっと入り口を見つけたんだし、入りましょう~☆

因みに、下駄箱の番号はA里がやたら意識してました(笑)

↓こういうわけです。

いや、マジでユキ大丈夫かなぁ……。

さて、さすがにお風呂の中を撮影するわけにはいかないので(ご期待に添えず申し訳ないのですが)解説だけ。

中は普通の銭湯と同じく、浴槽が二つ。
片方が普通の(あ、でも真ん中にあわあわしてる「バイブラバス」)お風呂で、もう片方が少し深さのある、熱めのお風呂。

私は基本的に熱湯好きなので深い方が好みなのですが、如何せんチビっ子なので(しょんぼり)中にこさえてある椅子に座ると、首がギリギリ水面下に入りそうなのです……。

お湯は普通のお湯では無い気がします。調べてこなかったので、それは次回。

 

それにしてもた~っぷり湯船につかったのでホッカホカ。
この後東スタ行って、今日はまったり観よう、ということでいつものゴール裏ではなく、二階席へ。
酒をたらふく呑んで(どうなの女子として)ご機嫌で応援しているものの……。

 

あのさぁ、いい加減後半5分とかのスパンで点とられるの直そうよ!

いや、あんまりつっこんで言えないんですがね。でもとりあえず、そこでとられて、取り返せないってのがね……。後半運動量落ちてるよ……。もっとこぅ……。ね……。
まぁなんだ。

少なくともアマよりは走ろうよ!!!!!!

とりあえず、秋になったら深大寺の「ゆかり」に入って、深大寺そば食べてから東スタ行こうと思います……。

 

最後の挨拶、ユキ足引きずってましたね。痛そうだった。 あと二週間で治ると良いけど……。
アマには笑っていて欲しいですね。アマ……。

 

おすすめの記事